スポンサーリンク

灯油を知らない人もいるんですね。

昨日もアマゾンプライムリーディングで漫画を読んでいました。

読んでいた漫画で、団地で貧しい暮らしをしていた少女が灯油の話をしたら、タワーマンションに住んでいる少年が灯油を知らないという場面がありました。(その少年の家は暖房はエアコン。)

 

自分の家が昔ながらの生活をしているので冬は灯油のファンヒーターを使っています。

でも近代的な暮らしをしている家では灯油を全く使わない生活なんですね。

よその家に遊びに行くこともないので、時代の移り変わりを漫画に気づかされています。

 

そういえば賃貸住宅では火災を防ぐために灯油禁止の物件が多いというのを聞いたことはありました。

灯油を使わない生活をしていたら灯油を知らないのも無理はありませんね。

もしかして既に灯油を使う生活の方が少数派になっているのでしょうか。

都会と田舎でも比率は違うと思いますが。

 

火事以外に灯油で心配なことがあります。

老後一人暮らしになったら灯油を運ぶことができなくなるという心配です。

(かなり先のことまで心配しすぎですね・・・。)

家の前まで灯油販売の車は来ますが、灯油は重いので物置まで運ぶのもできるかどうか、と考えてしまうのです。

エアコンを点けたらいいのでしょうが、近代的な家と違って我が家は気密性が低そうなので電気代がすごくかかるのでは・・・と思うと点けられません。貧乏なので。

今冬は自分の部屋では電気毛布を主力にして石油ヒーターをなるべく使わない生活を試しています。

 

ちなみに読んでいた漫画は『三角的恋愛の饗宴(1)』です。