スポンサーリンク

仙台市交通局のバスカード・回数券が今月末で払戻終了ですが、持っていた回数券は既に払戻しできなくなっていました・・・。

10/22の河北新報に「バスカード・スキップカード・ジョイカード・回数券 払い戻し今月末終了」という記事がありました。

 

今はIC乗車券「イクスカ」を利用していますが、以前は割増のバスカードを買って使っていました。

回数券は随分前の時代のものという感じがします。

 

バスカードは使い切ったのですが、1枚だけ回数券が手元にあります。

この回数券、自分で購入したものではないのです。

バスカード利用時に端数が残った場合、そのバスカードを挿入し新たなバスカードを入れる前に運転手さんが金額を操作するのですが、その際に運転手さんが操作を間違いバスカードから多く引かれてしまいました。

それで多く払った分の金額の回数券で渡されたのです。

(現金だったら良かったのですが、それではダメな決まりでもあるのでしょうか??)

 

当時割増しでお得なバスカードを利用していたので、この回数券に現金をプラスして払うのは損してしまうということで困った存在の回数券でした。

回数券+バスカードで払うこともできたのでしょうけれど、運転手さんに話して操作してもらわないといけません。不親切な運転手さんも結構いるので、めんどくさそうに対応されたら嫌だな・・・という思いがあって回数券を使いそびれました。(不愉快な思いをしたとしても早目に使い切っておけば良かったかもしれません。)

 

新聞で払い戻し終了の記事を見たので、払い戻しをしたいと思いました。

新聞より詳しい情報を見るために仙台市交通局のサイトを見ていたら・・・払い戻しできないことが判明!

【ご注意ください】紙のバス回数券のうち「区間券」は払戻しできません。※利用期限を過ぎているため ※券面に「区間券」と記載があります。」という文章が・・・。

持っている回数券はまさに「区間券」でした。

利用期限とはいつだったのでしょうか。その記載はなかったので謎が残ります。

(自分で購入したことがある回数券は「区間券」ではない緑色の回数券だけです。「区間券」とはどういうものなのでしょうか??よく分かりません・・・。)

 

サイトを見ていると、紙のバス回数券の販売は平成6年までだったようです。

運転手さんに回数券を貰ったのは平成6年よりずっと後でした。

バスカードの時代で既に回数券は見かけなくなっていた頃です。

はっきりとした年は覚えていませんが私の記憶では平成20年前後に貰ったように思います。

その頃はまだこの回数券を使えたのでしょうか。

 

少額ではありますが回数券がただの紙切れとなってしまいました。

 

今となっては珍しい回数券がせっかく手元にあるので、このような紙の回数券が使われていた時代があったということをブログに写真で残すことにしました。